2016/05/25

これは買っておきたい!和歌山の定番お土産6選!

フルーツに魚に和菓子!和歌山特産の美味しいものは選びきれない程あります。あれもこれも買って帰りたくなる県、和歌山!食いしん坊にはたまりません。お土産も期待されていますよ。

fb-share tweet hatebu
line

はじめに

白浜や那智勝浦など、有数の温泉地、海水浴場として有名な和歌山。
のんびりゆったりしたイメージそのままに美しい土地柄です。
和歌山はまたの名を「果樹王国」といって、美味しいフルーツがたくさん取れます。
レジャーランドもいくつもあって観光も楽しい所がいっぱい。
世界遺産の高野山と熊野三山への参詣道も行ってみるといいですね。
そして、お土産は、やっぱり美味しいものを選びましょう。

「本練り羊羹 竹皮包み」紅葉屋本舗

      

flower

(出典:http://www.momijiya-honpo.com/about.html)

20世紀の初めから和菓子一筋の、こだわりのあんこが自慢の紅葉屋本舗。
竹の皮に包んだ「本練り羊羹」が変わらない人気です。
この羊羹の特徴は、外側に砂糖が浮いてかりっとした食感が楽しめること。
歯を立てると、軽くかりっと音がして、次にはしっとりしたなめらかな上質の羊羹を噛みしめていることに気付きます。
時間のかかる羊羹なので、1日に200本しかできません。
でも、食感が面白く、上品な甘さで、餡子が苦手な人もファンにしてしまう和歌山のお土産をぜひ持って帰って欲しいですね。

「本ノ字饅頭」駿河屋

      

flower

(出典:http://www.souhonke-surugaya.co.jp/)

もともと京都で羊羹の元祖だった駿河屋は、紀州の殿さまの為にできた支店でした。
自分専用のお菓子屋さんが持てた紀州の殿さまがうらやましいですね。
1619年以来、変わらない味で勝負の和菓子屋さんが作る「本ノ字饅頭」は、和歌山が誇るお土産のひとつ。
酒蒸し饅頭なので、でき立てが美味しい為、和歌山県内限定販売の特別なお饅頭。
現代でも変わらない味を作り続けてくれているおかげで、殿さまと同じものが食べられる「本ノ字饅頭」をお土産にしましょう。

「たまあられ」高砂あられ

      

flower

(出典:http://www.takasagoarare.com/arare_gentei/tama-arare.htm)

2015年6月22日に天国に旅立った和歌山電鉄貴志駅の駅長の三毛猫「たま」(16歳)は、ローカル線を救った猫として人気ものになりましたね。
「たま」のグッズはたくさんあって、世界中の猫好きが集めるのにしのぎを削っています。
今は亡き「たま」ですが、和歌山のお土産として、あられが出ているんですよ。
素焼き、サラダ味、しょうゆ味の3種類が「たま」のかわいいイラストの貼られた袋に入って売られています。
1度は喜志駅を訪ねて見たかった人にも、猫大好きさんにも最高のお土産になるはずです。

History2015

この記事が気に入ったらいいねしよう!

Giftimeの最新情報をお届けします
fb-share tweet hatebu
line

関連したシーンのまとめ

関連した人のまとめ

花の定期購入Bloomee LIFEへの誘導バナー