会社設立のお祝いで花を贈る際に知っておきたいポイントまとめ|花やGIFTのまとめ情報サイトGiftime

会社設立のお祝いで花を贈る際に知っておきたいポイントまとめ

会社の設立記念には花をプレゼントしたいと思っている人も多いですよね。実際に花を送ろうとした時に予算やどんな花をプレゼントするべきか悩む方も多いかもしれません。今回はそんな会社設立のタイミングに贈るべき法人用の花をまとめました。あなたはどんな花をプレゼントしますか?

fb-share tweet hatebu
line

<はじめに>

      

flower

(出典:http://videogameslive.jp/iteniwai/post.html)

会社設立は慶事です。通常はお花を贈ってお祝いをします。
お花を贈るには、大事な事業の始まりですので、繁栄・発展を祈念することから縁起をかついだり、お花の種類にも気を使います。
では、会社の設立をお祝いしてお花を贈る場合、どの様なものが良いか、またどの様な事に気をつけなければならないのかを列記してみましたので参考になれば幸いです。

<会社設立に花を贈るポイント>

      

flower

(出典:(5)http://hirota87.hanatown.net/2010/11/24/%E3%80%8E%E9%96%8B%E5%BA%97%E7%A5%9D%E3%81%84%E3%81%AE%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%89%E8%8A%B1%E3%83%BB%E5%B1%8B%E5%A4%96%E7%94%A8%E3%80%8F/)

会社設立には、個人的また取引などのお付合いの度合いによってもお祝いの予算は様々です。通常はお花を贈って祝福の意を表します。
会社事務所に直接届ける場合は、業務開始日の1週間前か少なくとも前日までに届く様にします。レセプションを催す時は会場の都合等を把握して開始時間前には届けておきましょう。
会社設立祝いに花を贈る場合、取引の関係などを含み種々なお付き合いによる方々からの祝花が届けられます。それぞれの立場によって贈る花の優劣を考えなければなりません。ただ豪華であれば良いという訳ではない事を念頭に置きましょう。事前に贈り先の担当者との打ち合わせを行っておくのが大切です。

<会社設立に贈る花と予算>

      

flower

(出典:http://www.biotop.ne.jp/original2.html)

会社設立に贈るものには、まず花、洋蘭の鉢物、酒類が一般的です。
植物を贈る場合は、業界や地域に根付くという縁起をかつぐ意味合いで鉢物、特に胡蝶蘭を贈るのが常識的に多くなっています。胡蝶蘭は「幸せを運んでくる」という花言葉もあって繁栄・発展に繋がり喜ばれている理由なのです。
確かに胡蝶蘭は日持ちも良く華やかですから人気があるのも分かるのですが、贈られる方もあまり胡蝶蘭ばかりでは却って迷惑と取られかねません。胡蝶蘭の鉢でも通常のもので価格は2万~3万円ですから、同価格でしたらスタンド生花でもかなりの華やかなものが贈れます。却って1週間ほど持てば良いと考えて贈るのもひとつの方法かと思います。
生花でしたら、スタンド生花、アレンジメント. 10,000円~30,000円。
洋蘭鉢では、種類として定番は胡蝶蘭、カトレヤ、オンシジューム、デンドロビュームなど。15,000円~50,000円。
観葉植物でしたら、大型の種類が良いでしょうね。アレカヤシ、ベンジャミン、ユッカ、パキラなど。華やかさに欠けるのでリボンなどの色を華やかなものにすると良いでしょう。10,000円~30,000円。

<会社設立に花を贈る時の注意点>

      

flower

(出典:http://blossom4187.jp/?mode=cate&cbid=1265202&csid=0)

・会社創立にあたり業務開始日がいつなのか、またパーティーなどが催される時は何時、
どこで、何時かを良く確認する事。
・花を飾るスペースなどの有無なども良く確認しておきましょう。
・贈る花に立てる名札に間違いがないかを必ず確認します。
・贈る花は「赤一色」は避けましょう。出来ることならば、ラッピングにも赤を使用しな
い様にすると良いでしょう。何故かというと「赤字」を連想させる忌み色ですから。
新会社のロゴマークなどを事前に見ることができれば、その会社のテーマカラーなどを花やラッピングなどにうまく取り入れてみると印象も良く喜ばれると思います。

この記事が気に入ったらいいねしよう!

Giftimeの最新情報をお届けします
fb-share tweet hatebu
line

関連したシーンのまとめ

e-park


スポンサードリンク